川のテラスコート

3人の子供と父で暮らしています。子供が学校行っている時はトライアスロンのトレーニングしたり、投資したり、友人と食事したり読書したり。

「読書感想」【連続殺人鬼カエル男ふたたび】中山七里著 書評

前作、「連続殺人鬼カエル男」の続編。 前回50音順に殺人を犯す犯人が捕まっているにも関わらず、関係者でもあった御前崎教授が殺され、カエル男の殺害メッセージが現場に残されていた。 その後もサ行の順番にカエル男のメッセージが遺体現場に残されて、首…

「読書感想」【砂の家】堂場 瞬一著 書評

経営者の父親が母親と妹を刺殺して服役。 幼い兄弟は、バラバラで過ごすことになり、兄は人に恵まれ何とかまともな道を進んでいるが、弟は道を踏み外す。 そんな中、父親が出所し、兄の勤務している会社の社長は脅迫される事態となる。 堂場瞬一の作品によく…

「読書感想」【カットバック】今野敏著 書評

映画ロケのサポートをする警察のFC班。 FC班の仕事中の、警察ものの映画ロケで俳優が殺される事件が発生。 FC班と捜査1課、そして「隠蔽捜査」で活躍する大森署の戸高刑事などが登場し、事件を解決する。 FC班という切り口は新しいのだろうけど、事件そのも…

「読書感想」【零れた明日】堂場 瞬一著 書評

警視庁捜査一課の一ノ瀬が活躍するシリーズ。 大手芸能事務所の女性職員が殺害された事件で、容疑者と思われた男が逃走。 その事件の尻拭いに、 一ノ瀬の係が投入される。 悪くはないけど、ちょっと事件解決にいたる過程が小粒というか、意外性がない。 新し…

「読書感想」【黙過】下村敦史著 書評

パーキンソン病を演じている父親の詐称や、子豚が突然消える謎に迫るなど、独立したミステリーが続き、最後の物語で、実はそれぞれの物語が密接に関わってくる。 前半のミステリーはそれなりに読ませる。 下村敦史らしい、丁寧な取材力で、どの話も違和感な…

「読書感想」【怪を編む】アミの会(仮) (著) 書評

今回は「怪」をテーマにしたショートアンソロジー。 どれもさすが!と思わせる短いながらも上手い作品の数々。 ただ今回は作家も多く、作品それぞれが短すぎて、記憶に一切残らない。 怪を編む: ショートショート・アンソロジー (光文社文庫) 作者: アミの会…

「読書感想」【ペインレス 上下巻】天童荒太著 書評

自分にも他人にも心の痛みを感じない女性麻酔科医。 その彼女に元に、テロで痛覚を失った男性が現れ、実験対象として興味を持つ。 彼女自身は生まれながら心の痛みを持っていないが、後天的に痛みを感じない人間が生まれるのか、自分と周囲の人々はどこが違…

「読書感想」【デートクレンジング】柚木麻子著 書評

結婚し、義理の母親と喫茶店で働く佐知子。 彼女の親友は、女性アイドルグループのマネージャーとして有名だったが、そのグループが解散し、急に結婚を焦ることにある。 そんな彼女との距離感が次第に離れていくことに。 結婚しているかしていないか、子供の…

「読書感想」【わたしの本の空白は】近藤史恵著 書評

意識不明の状態から目覚めた南は、夫として現れた男性の記憶もなく、夢の中で別の男性を愛していた記憶を持つ。 妹のことはかろうじて肉親として親しみを持つが、家に帰っても、姑や義理の姉との同居でも日常は思い出せない。 自室の本棚に、何かが置いてあ…

「読書感想」【じっと手を見る】窪美澄著 書評

富士山がよく見える、休みの日にはモールで時間をつぶす人々が暮らす田舎で、介護士として暮らす日奈と海斗。 二人は同棲をしていたが、日奈は東京から仕事で来た既婚者に惹かれ、地元にしばられる海斗は、日奈を忘れられない中同僚の女性と付き合いだす。 …

「読書感想」【地獄の犬たち】深町秋生著 書評

東京で最大勢力のヤクザ組織に潜入捜査官としてヤクザになりきって潜入している兼高昭吾。 名うての殺し屋として、評価も上がり、トップの会長護衛としての立場に駆け上がる。 潜入捜査のプレシャーの中で、身も心もヤクザになり切ってはいるが… 登場人物達…

「読書感想」【凶犬の眼】柚月裕子著 書評

広島のへき地に駐在所勤務として飛ばされた警官の日岡巡査。 偶然ゴルフ場開発の現場に潜む、指名手配犯のヤクザの国光が潜伏していることを知る。 国光から「やり残したことがある」と言われ、しばらく自分の胸の中に潜伏の事実は仕舞、国光が自発的に手錠…

「読書感想」【傍流の記者】本城雅人著 書評

大手新聞社へ同期入社した社会部記者の面々。 それぞれが、警察、調査など得意分野を持ち、競い合いながら出世していく。 デスクまではほぼ同時期に駆け上がったものも、社会部長になれるのは1人。 時を同じくして、会社にスキャンダルが発生する。 面白い…

「読書感想」【青空と逃げる】辻村深月著 書評

役者の父親が、共演女優と密会中に事故を起こし、マスコミや女優の所属事務所からの逃避のため逃げるように東京を離れる母子。 地方へ逃げながら、その土地で地に足をつけた生活を送ろうとすると、逃げていた相手の影が迫ってくる。 うーん、導入部は期待し…

「読書感想」【星の子】今村夏子著 書評

病弱の子供時代に、親が宗教の力によって改善したと思い込み、怪しげな家庭の子として過ごすことになる「ちひろ」。 ただ親の愛情自体は本物であるため、姉は家出するものの、ちひろは親と宗教に対しては同じく愛情を持って接していく。 そんな彼女も中学時…

「読書感想」【悪徳の輪舞曲】中山七里著 書評

弁護士御子柴シリーズ。 実の母親が再婚した夫殺しで逮捕された事件の弁護人として、相変わらずの意外な結末へと進んでいく。 弁護方法も見事だし、最後の展開も予想外。 現実にはリアル感ない少年時代殺人鬼だった主人公ではあるが、肉親が絡んでくる展開で…

「読書感想」【にらみ】長岡弘樹著 書評

相変わらず他に類を見ないオチを持ってくるミステリー短編集。 確かに、どれも意外な結末を持ってくる。 ただ、著者らしい半面、ちょっとテクニックに走りすぎというか、肝心な物語に無理が出てきているような感じもあり。 特に最初の物語は強引すぎ。 にら…

「読書感想」【百貨の魔法】村山早紀著 書評

地方の老舗百貨店で働く人たちと顧客が、昔ながらの百貨店でちょっとした奇跡を経験する物語。 うーん、なんで評価が高いのか不明。 感動に持っていこうとするのは分かるけど、物語がすべて薄っぺらで読みごたえがまるでない。 登場人物もどれも良い人過ぎて…

「読書感想」【引き抜き屋(2) 鹿子小穂の冒険】雫井脩介著 書評

予想もしていなかったヘッドハンターとして活躍する女性物語の続編。 ちょっと展開は早かった点であっさりしすぎになってしまったが、ラストはうまく収まるところに収まった。 読みやすいんだけど、もっと人間の葛藤とか、ドロドロしたところを描いたほうが…

「読書感想」【引き抜き屋(1)鹿子小穂の冒険】雫井脩介著 書評

アウトドア用品メーカーの創業者の娘が、社長である父親がヘッドハンティングで入社させた役員と対立して、社外に去ることに。 偶然が重なり、ヘッドハンターとして活動することになり、一歩一歩経営や、企業について学んでいく。 経済ものではあるが、周囲…

「読書感想」【玉村警部補の巡礼】海堂尊著 書評

バチスタシリーズのスピンアウトである、玉村警部補と加納警視正のコンビで事件を解決。 四国88か所の巡礼を休暇で行う玉村警部補に、勝手について来た加納警視正。 各県で、遭遇した事件を解決しながら、お遍路の事情も踏まえながら話は進む。 事件解決に関…

「読書感想」【いくさの底】古処誠二著 書評

ビルマの村で、駐屯にやってきた将校と村長が殺される戦場ミステリー。 限られた戦場での登場人物の中で、奥深くに秘められた人間模様。 終盤の真実に迫る過程で、淡々とした描写ながら予想もしなかった犯人とその動機を明らかにしていく描写は筆力ある。 登…

「読書感想」【AIのある家族計画】黒野伸一著 書評

未来のAI型人間が日常にいる世界。 会社では上司がAIになり、単純な作業はAIに置き換わり、人々は裕福層と一部の中産階級と、地方で自給自足を行う下層階級に分かれる。 ロボットが日常の世界を描きながらも、描いている場所が神奈川のローカル風景だったり…

「読書感想」【半島へ 陸自山岳連隊】数多久遠 著 書評

北朝鮮の崩壊に合わせて、天然痘の研究施設からのウィルスを奪う任務と、拉致被害者たちの救出を図る任務を帯びた自衛隊隊員たちの活躍を描く。 スケール的には大きな話だけに、全体ストーリーはともかく描き方が急ぎすぎで細部を描けていないので、あっさり…

「読書感想」【棲月: 隠蔽捜査7】今野敏著 書評

隠蔽捜査シリーズ。 鉄道会社のシステムと銀行システムがダウンし、大森署署長の竜崎は署員を送り込む。 また管内でリンチと思われる少年の殺人事件も同時に発生し、大森署に帳場が立つ。 いつもの通り、原理原則を通す署長に対して、警視庁本部の面々は振り…

「読書感想」【青くて痛くて脆い】住野よる著 書評

人と距離を置くのを信条とした大学生が、周囲の空気を読まずに理想を語る同級生の女性と出会う。 彼女の熱意にほだされ仕方なく、2人で理想を追う秘密結社「モアイ」を作るが、いつしかそのモアイは巨大化し、彼女と距離を置くことになる。 相変わらず、住野…

「読書感想」【オリンピックへ行こう! 】真保裕一著 書評

卓球、競歩、ブラインドサッカーを舞台にオリンピックを目指す人達を描く。 面白い! 特に卓球の戦術などの描写が詳しい。 これを読んでから、卓球の試合を見ると、ゲーム中の思考を思い、今までにない楽しみくゲームを見ることができる。 どの話も、丁寧な…

「読書感想」【極小農園日記】荻原浩著 書評

家庭菜園を中心としたエッセイ。 直筆の挿絵のイラストと合わせて、著者の人となりが伝わる。 悪くはないけどエッセイより、小説の方が読みたい。 極小農園日記 作者: 荻原浩 出版社/メーカー: 毎日新聞出版 発売日: 2018/03/09 メディア: 単行本 この商品を…

「読書感想」【おまじない】西 加奈子著 書評

色々な立場の女性が出てくる短編集。 それぞれ、人生において悩みや考えることがあるけど、「言葉」に救われる。 読みやすいので、あまり読書時間が取れない人や、読書習慣ない人でも受け入れやすいはず。 ただ半面、読みやすすぎて、読了後の満足感は低い。…

「読書感想」【私はあなたの記憶のなかに】角田光代著 書評

現在と過去の記憶をつなげる物語の短編集。 どれも著者らしいなと思える作品ではあるけど、日常を切り取っているせいか、あまり読み終わると印象に残らない。 やっぱり長編の方が良さがでる作家だと思う。 エッセイも面白い作家だけど。 私はあなたの記憶の…