読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川のテラスコート

3人の子供と父で暮らしています。子供が学校行っている時はトライアスロンのトレーニングしたり、投資したり、友人と食事したり読書したり。

元ミニマリストが子持ちミニマリストを嗤う

冬休みが近づいてきて学校帰りの子供が工作物を持って帰って来る。

 

まあどこの家庭でも同じだと思うけどこの置き場所に困る。

幼稚園の頃は納戸にしまっていたけどすぐに場所がなくなってきて、次は各自の部屋に置かせる。

でも一度子供部屋に置くと、もう放置されるだけでいつのまにか埃をかぶる状態。

 

そのため最近はデジカメで撮影して問答無用で捨てる。

小さい時分のかわいらしい作品だけ残して、今まであったのもバッサリ。

おかげで随分部屋のスペースが広がった。

 

…そのはずが気が付くと子供部屋はまたグチャグチャ。

 

年末の大掃除はしないけど(寒いから)、子供たちには自分の部屋を綺麗にさせる。

 

出来るだけモノを持たないで身軽に生活したいと思っているけど、子供がいる家庭は中々難しいよね。

それでもあまり余計なものは保管しないようにしている家だとは思うけど。

 

20代は国内、海外通して10回位引っ越ししたけど、あのころは身軽だったな。

ダンボール数個といくつかの家電を持って移動するだけ。

 

まあ大人だけならいくらでも荷物は減らせる。

そして持ち物が少ない身軽さは経験上良く分かる。

自分の場合当時は国内外引っ越しを前提として生活していたからの身軽さというのもある。

でも子供がいたら、ミニマリストなんて無理。

 

子供がいるのにミニマリストとか言う人には狂気を感じるというか、子供かわいそう。

 

整理整頓や余計なものを捨てるのは大事だけど、子供にとってゴチャゴチャするスペースはある程度必要。

遊びに来る子供たちも、物がない部屋より子供部屋の多少ごちゃごちゃしたスペースが落ち着く様子。

 

なんでもそうだけど、あまりにもライフスタイルにこだわる人って段々宗教的になってくるよね。

自分の中で消化している段階ならよく理解できるけど、外に向かって「(子供がいるのに)私はミニマリストです!」とか映像や文章で訴えていると引く。

 

そういうのは一人でこっそりやってください。

自分からアピールは恰好悪いよ。

他人と比べて優越感を持つようなスタイルではなくて、人に言われて始めて告白する程度のものだから。

 

 

ミニマリストを得意げに披露している人を見て書いてみた)