読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川のテラスコート

3人の子供と父で暮らしています。子供が学校行っている時はトライアスロンのトレーニングしたり、投資したり、友人と食事したり読書したり。

【読書感想】 校閲ガール ア・ラ・モード 宮木 あや子著 - 脇役もすべて魅力的に見せるお仕事小説

読書

相変わらず登場人物のキャラがしっかりしていて、面白い。

 

今回はシリーズ中心人物である出版社の校閲部勤務の河野悦子周りの人々を描いている番外編的な扱いの短編集。

そのため、本編「校閲ガール」を読んでいたほうがより楽しめるので順番に読むのをおすすめ。

 

出版社を舞台としたお仕事小説として、出版社独自の世界を描いてはいるが、どれも気軽に読めて単純に読んでいて楽しい。

 

どの人物たちも愛すべき人として描かれている。

 

お仕事小説の 分野に関しては職場がブラックなほど面白い。

 宮木あや子のお仕事小説は、どれも勢いよく楽しく読めて面白い。

 

校閲ガール ア・ラ・モード

校閲ガール ア・ラ・モード