読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川のテラスコート

3人の子供と父で暮らしています。子供が学校行っている時はトライアスロンのトレーニングしたり、投資したり、友人と食事したり読書したり。

【蛮政の秋】 堂場 瞬一著 - マスコミと政治の間に仕掛けられた罠

読書

新聞記者に違法献金リストがメールで届く。

同じものが野党政治家の手にも入り、与党追及の切り札にしようとするが…

 

別冊「警察回りの夏」で主人公だった南記者が本社にあがったj状況でのシリーズ。

前作はマスコミの誤報を扱い、読み応えあったので本作品も期待して読み始める。

 

 メール送信者と思われる大手ソフト会社の社員の失踪や、落選議員の悲壮とあがき、裏工作が得意な政治家などが入り乱れ、途中までは面白く、先が気になる。

 

それだけにラストの締まらなさには残念。

 

多分これは、後2作「秋」「春」とシリーズ化するのを念頭に置いているからこその失敗だと思う。

 

あえて必要なかった「大手新聞社の身売り」話が多分、次作に展開するのでは。

そしてそれに主人公の南が記者という役割ではなくて、絡んでくる。

 

なんか続編の構想の中での一部分という感じで、欲求不満。

もっと1冊ごとに向き合ってこそのシリーズものが面白くなるだろうに。

次の冬編が出てから読んでも問題ない作品でした。

 

蛮政の秋

蛮政の秋