読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川のテラスコート

3人の子供と父で暮らしています。子供が学校行っている時はトライアスロンのトレーニングしたり、投資したり、友人と食事したり読書したり。

「読書感想」【その日東京駅五時二十五分発】 西川 美和著

終戦を目の前の徴兵され、通信兵として訓練されていた中で一足早く終戦を

知る。

 

世の中の動きより少し早く、機密文書などを処分し、電車で帰郷する過程を中心に淡々と描く。

 

当時の世の中としては、このように訳がわからず戦争に参加し、また終わってしまったという若者も多いのだろう。

 

ドラマチックな事があるわけではない分、現実感はあるが、小説としては物足りない。

 

読みやすい内容であるので、若者の戦争が遠くに思える人には読んでほしい内容ではある。

 

その日東京駅五時二十五分発 (新潮文庫)

その日東京駅五時二十五分発 (新潮文庫)