読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川のテラスコート

3人の子供と父で暮らしています。子供が学校行っている時はトライアスロンのトレーニングしたり、投資したり、友人と食事したり読書したり。

「読書感想」【象は忘れない】 柳 広司著 - 原発事故が起こした日常の破壊

読書

スパイものが面白い柳広司ががらっと作風を変えて描く、震災時の原発事故によって今までの生活が一転してしまい、今なお苦しんでいる人たちを描く短編集。

 

立場はそれぞれ違うけれど、誰もが原発後にもがき苦しんでいる様子を当事者の視点を様々に変えた状況で淡々と描いていく。

 

タイトルにあるように、今でも一部では忘れ去られている現実を今後も忘れないように、風化させないようにという作者のメッセージが込められている。

 

いつものミステリーとして引き込まれるような内容とは毛色が違うが、著者の描く市井の人々の物語は悪くない。

 

 

象は忘れない

象は忘れない