読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川のテラスコート

3人の子供と父で暮らしています。子供が学校行っている時はトライアスロンのトレーニングしたり、投資したり、友人と食事したり読書したり。

「読書感想」【バラカ】 桐野 夏生著

読書

震災後の原発事故での警戒地域で発見された幼い女の子。

彼女の人生をたどりながら、関わる人達の愛憎、人生、原発推進派と反対派の動き、震災を他人事とする被災地から離れた場所で暮らす人々など、桐野夏生らしい人の暗部を描きながら物語は進む。

 

著者の最大の特徴である人間のダークさが描かれ、途中までは先が気になり惹き込まれる。

ただラストは肩すかし。

物語の収束の仕方が性急すぎ、余韻も残らず。

 

それでも最近の灰汁がなくパンチ不足の作品しか描いていなかった桐野夏生の作品と比べれば、以前の筆力が戻って気が感じは受ける。

 

もっと他人には描けない、人間の暗部をこれでもかと迫る読みながら気分が悪くなるほどの力強い作品を期待したい。

 

バラカ

バラカ