読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川のテラスコート

3人の子供と父で暮らしています。子供が学校行っている時はトライアスロンのトレーニングしたり、投資したり、友人と食事したり読書したり。

「読書感想」【サブマリン】 伊坂 幸太郎著

読書

家裁調査官として事件を起こした少年の本当の姿を追いながら、事件の加害者側と被害者側の気持ちを描いていく。

「チルドレン」の続編だが、引き続きのキャラの良さもあるが、淡々と日常と事件の背景を描いているのがこのシリーズの持ち味。

 

伊坂幸太郎の作品は「人を殺す」という点を殺されて当然、殺されても仕方ないという人物を置くことで描くことが多いが、今回は少年が加害者という事で、いつもとはちょっと違った描き方である。

子供が加害者になってしまった家庭事情や、その後の人生の葛藤など重くならずにさらっと触れていくあたりが、著者の力量。

 

またいつか続編がありそうなので、楽しみに待とう。

 

サブマリン

サブマリン