読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川のテラスコート

3人の子供と父で暮らしています。子供が学校行っている時はトライアスロンのトレーニングしたり、投資したり、友人と食事したり読書したり。

思うような結果を出せなかった子供に対する我慢

子育て

この週末も子供は大会続き。

 

特に真ん中の子供は目標としていた大会の一つがあったが思うような結果が残せなかった。

会場で応援していたけど、親としてはがっかりした部分は正直あったけど、本人がもっと悔しいだろう。

 

「もっとこうすれば良かったのに」

と言いたい思いはあるけど、そういう事を言っても意味はないのは理解しているのでじっと我慢。

 

試合終わった当日に子供に意見を伝えることは百害あって一利なしだと思っている。

当日は「がんばってね」「惜しかったね」などの気持ちは伝えるけど、技術的な問題などは一晩経ってから伝えたほうがお互い冷静になれてうなく伝えられるし、受けても落ち着いて聞けるように感じる。

 

来月また大きな大会があって、子供はそれに向かって闘志燃やしているので、陰ながら応援したい。

子供は自分のために運動しているのであって、親のためではない事を忘れないように。

(親も楽しませてもらっているけど)