読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川のテラスコート

3人の子供と父で暮らしています。子供が学校行っている時はトライアスロンのトレーニングしたり、投資したり、友人と食事したり読書したり。

「読書感想」【犯罪小説集】 吉田 修一著 書評

平凡に暮らしていた人物がいつの間にか犯罪者となってしまう短編集。

 

どの話もモデルとなる実際の事件を元に脚色していると思われ、それぞれの話で実際の事件の人物と被る部分が出てくる。

もちろん事実とは異なる部分が描かれるわけだが、大王製紙のギャンブルの話を元にした「百家楽餓鬼」を始め、どの題材も綿密な取材をしたものと感じさせる。

 

ただ短編だから仕方ないけど、いつもの吉田修一が描く人間の暗部深くに入り込むような作品にはなっていないのが残念。

 

やっぱり長編が読みたい作家である。

 

犯罪小説集

犯罪小説集