読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川のテラスコート

3人の子供と父で暮らしています。子供が学校行っている時はトライアスロンのトレーニングしたり、投資したり、友人と食事したり読書したり。

「読書感想」【七十歳死亡法案、可決】 垣谷 美雨著 書評

読書

日本の医療費負担増で破たんが近い状況を打開するため、70歳で死ななければならないという法案が可決される。

 

2年後の施行を前に、該当する祖母、介護に疲れている妻、一流大学を卒業後引きこもっている息子、自分勝手な夫などで構成される家族の変わりようを中心に描いていく。

 

途中妻の苦しみが伝わってきて、息苦しさを感じるが、途中からはがらっと展開変わって一気に読ませる。

前半の丁寧さに比べて、中盤以降が急ぎ過ぎてあっさりしている分物足りなさは残ってしまうが、中々しい家族により介護の実態の一端をよく描けている作品。

 

 

七十歳死亡法案、可決 (幻冬舎文庫)

七十歳死亡法案、可決 (幻冬舎文庫)