読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川のテラスコート

3人の子供と父で暮らしています。子供が学校行っている時はトライアスロンのトレーニングしたり、投資したり、友人と食事したり読書したり。

同期の出世への尊敬

新聞紙面に新卒で入社した企業の人事が載っていた。

 

その中に複数の同期や一緒に寮生活をしていた人の名前を発見。

とうとう執行役員になる人が出て来たんだなぁ。

 

何がすごいなと思うかというと、まず何十年も一つの会社に勤めていることに関心する。

飽きないのかな…

外の世界を知りたいとか、自分の力でやってみたいと思わないのだろうかと個人的には思うけど、まあそんな事を思わない人が役員になっていくのだろう。

 

たまたま入社して配属された部署にいた先輩達は、優秀な人ほど入社数年で外の世界に出て行ったので、自分も会社を辞める事には何の抵抗もなかった。

 

その後海外放浪したりした後に働いても、やっぱりしばらくして事業が軌道になると他の事をしたくなってしまう。

今はオーナー会社なので、好きな事業を好きなタイミングで選べるので、飽きるという感覚はなくなった。

そもそも子育て中心で仕事は思い切りセーブしているので飽きようもないのだけど。

 

同期の出世を見ていると、必ずしも入社時の評価の高さと一致はしていないみたい。

人間いつからでも変われるチャンスはある。