読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川のテラスコート

3人の子供と父で暮らしています。子供が学校行っている時はトライアスロンのトレーニングしたり、投資したり、友人と食事したり読書したり。

読書感想 【SCS ストーカー犯罪対策室】 上下巻 五十嵐貴久著 書評

読書

新品川署に設置されている「ストーカー犯罪対策室」。

そこに持ち込まれる相談の解決とともに、女性捜査官「有梨」にもSと名乗る人物から日々自分を監視するメールが送られてきておりストーカーされている。

 

正直最初の事件を読んだだけで嫌な予感はした。

頑張って、上巻最後まで読んで、この展開ならもしかしたら下巻はガラッと変わった展開になると期待して下巻へ。

 

結局最後までつまらなかった。

 

それぞれの事件の謎解きもつまらないし、肝心な捜査官へのストーカーが意外性全くなくがっかり。

 

これなんで、2か月もかけて上下巻にしたのか意味不明の駄作。

 

五十嵐貴久は本当に作品の良し悪しのふり幅が極端。

 

SCS ストーカー犯罪対策室 上

SCS ストーカー犯罪対策室 上

 

 

 

SCS ストーカー犯罪対策室 下

SCS ストーカー犯罪対策室 下