川のテラスコート

3人の子供と父で暮らしています。子供が学校行っている時はトライアスロンのトレーニングしたり、投資したり、友人と食事したり読書したり。

「読書感想」【くちなし】彩瀬まる著 書評

色々な愛の形の物語を集めた短編集。

現実の世界だけでなく、SF的な作品やファンタジー風味もあり、作品により得手不得手があるかも。

 

彩瀬まるらしい世界観は伝わって来る。

 

 

 

「読書感想」【道標 東京湾臨海署安積班】今野敏著 書評

臨海署刑事課強行犯第一係安積班のメンバーも織り交ぜながら、安積刑事の警察学校から、現代までの成り立ちを描いていく短編集。

 

一つの事件を解決する物語の面白さとは違って、人間として安積を始め、周囲の人物の魅力を引き出している。

この本だけでも面白いが、出来れば安積班のシリーズを読めばなお楽しめる。

 

刑事ものとしてだけでなく、人間ドラマとして楽しめるシリーズは今野敏ならではの作品。

 

道標 東京湾臨海署安積班

道標 東京湾臨海署安積班

 

 

「読書感想」【革命のファンファーレ 現代のお金と広告】西野亮廣著 書評

予想外と言っては失礼だけど、全く期待しないで読み始めたものの、内容は良いこと書いてあった。

 

実体験としての、自分や商品の売り方としての手法は一読の価値あり。

 

ただ残念ながら、本としての体裁が悪く書籍としては読みにくい。

これは著者というより、編集者や出版社の責任だとは思うけど。

 

あとこれを読んだから、何かに直接役立つということはないけど、切り口としては読みやすいので、ビジネス書が苦手な人でも手に取りやすい。

 

 

革命のファンファーレ 現代のお金と広告

革命のファンファーレ 現代のお金と広告