川のテラスコート

3人の子供と父で暮らしています。子供が学校行っている時はトライアスロンのトレーニングしたり、投資したり、友人と食事したり読書したり。

「読書感想」【島のエアライン  上】黒木亮著 書評

熊本県天草をベースとするエアライン設立から運行を追いかける、関係者を実名表記で展開する物語。

 

政治家の後押しや、実際県職員から派遣され奮闘する様子など、当然ながらリアル感あるドキュメント風の展開。

 

赤字に対する補助金など負の部分も丁寧に描き、単なる感動話ではない点は黒木亮らしいのだけど、実際の人物を描いているだけに、話の展開が苦労は伝わるが、ちょっと平凡に感じられるのはもったいないかも。

 

島のエアライン 上

島のエアライン 上

 

 

「読書感想」【魔力の胎動】東野圭吾著 書評

風の動きなど自然現象を現場で予知できる少女。

スキージャンパーへ最適なスタートのタイミングを指示したりとちょっと異次元の能力を発揮して、誰かの助けになる。

 

うーん、それぞれ独立した短編だからしょうがないのかもしれないが、登場人物達のつながりの必然性もなく、物語も今後の展開が期待できないあっさりした終わり方。

 

最後の魔力の胎動もパンチ不足。

ラプラスの魔女」の前段階と言われても...

 

流体学など理系ならではの東野作品らしさはあるものの、作品としては消化不良。

 

魔力の胎動

魔力の胎動

 

 

「読書感想」【欧州開戦3 】 マーク グリーニー著 書評

バルト海の石油タンカーがロシアの潜水艦に撃墜され、ついに欧州へのロシア進行が目の前に。

多少各地で戦闘の前哨戦らしきものが始まるものの、まだ最後への布石なのか動きはゆっくり。

ラスト1巻で、目まぐるしく動くことになるとは思うけど、ちょっと前段階が長すぎ。

 

欧州開戦3 (新潮文庫)

欧州開戦3 (新潮文庫)