読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川のテラスコート

3人の子供と父で暮らしています。子供が学校行っている時はトライアスロンのトレーニングしたり、投資したり、友人と食事したり読書したり。

「読書感想」【やめるときも、すこやかなるときも】窪 美澄著 書評

家具職人の主人公は毎年12月の数日間声が出なくなる。

原因は高校生の時住んでいた松江での出来事。

 

友人の結婚式で出会い、その後仕事でも関係する女性は、困窮する家族を金銭面で助け、妹はさっさと結婚で家を出てしまい、家に縛り付けられている。

 

途中までは期待先行で面白く読める。

 

ただ後半、謎が明かされてくると、完全に手あかのついた展開で、1ミリたりとも予想外の展開が起きずタイクツの一言。

 

窪美澄は時々こういうタイクツな内容を書く。

 

 

やめるときも、すこやかなるときも

やめるときも、すこやかなるときも