読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川のテラスコート

3人の子供と父で暮らしています。子供が学校行っている時はトライアスロンのトレーニングしたり、投資したり、友人と食事したり読書したり。

「読書感想」【なかなか暮れない夏の夕暮れ】江國香織著 書評

50歳で資産家の稔。

友人の会計士に一切の金銭管理を任せ、自分は本ばかり読んでいる。

たまに別れた娘と会うことが楽しみ。

 

姉も同じ会計士に金銭管理は任せ、ドイツに住みたまに日本に帰って来る。

 

この兄弟に、別れた妻や、道楽で経営しているアイスクリーム屋の店員やシングルマザーの元店員、マンションの店子である飲食店経営者の女性などとの交流を描く。

 

主人公稔の読んでいる「小説」自体が物語と平行して登場し、最初は戸惑う。

ただ、慣れてくると惹き込まれていく。

 

このような大人も描き方は、著者の特徴のひとつ。

好き嫌いは分かれると思う。

 

 

なかなか暮れない夏の夕暮れ

なかなか暮れない夏の夕暮れ